クリスティアーノ・ロナウド (Cristiano Ronaldo)

2003年にスポルティングリスボンからマンチェスター·ユナイテッドに移籍した天才ロナウドは地球上で最もよく知られているプレーヤーであり、レアルマドリードとポルトガルの英雄です。

当初はオールド・トラフォードスタジアムでマンチェスター・ユナイテッドのスタープレーヤーの座に甘んじると予想されていた彼ですが、デビュー戦(対ボルトン・ワンダラーズ戦)で垣間見せた彼の比類ない才能とスター性が、その後の成功を予感させていました。彼の最初のシーズンの終わりまでには、FAカップ決勝のオープニングでゴールを決めてミルウォールを破り、最初のトロフィーを獲得していました。

クリスティアーノ・ロナウドの非凡な才能と将来を確信したアレックス・ファーガソンは、人気スターのルート・ファン・ニステルローイを手放してまで、ロナウドを中心としたチームを作りました。当初の不安も数年で払拭し、マンチェスター・ユナイテッドにいた2006~2007年までにロナウドは成果を出し始めました。20ゴールという自己最高記録を破り、さらに最近のフラムでの勝利を含む驚異の17ゴールを決めました。

翌シーズン、ロナウドとマンチェスター・ユナイテッドはさらに記録を伸ばしました。ロナウドは驚異のシーズン合計42得点を挙げ、チームがイングランド・プレミアリーグと欧州チャンピオンズリーグの両タイトルを獲得する原動力となりました。彼の活躍は2008年FIFA最優秀選手賞として実を結びました。そしてその夏、彼の少年時代の憧れのチームだったレアル・マドリードがロナウドの獲得に乗り出しました。

53試合で26得点を挙げたロナウドの助けにより、マンチェスターユナイテッドは3シーズン連続のプレミアリーグタイトル獲得を実現しました。ロナウドは、準々決勝の対ポルト戦や、準決勝の対アーセナル戦で非常に重要なゴールを決め、チャンピオンズリーグ決勝に駒を進めました。

プレッシャーをものともしないロナウドは、初シーズンの35試合で33得点を挙げました。しかし、それはその後の快進撃の序章に過ぎませんでした。2010~2011年のシーズンに、彼は34試合で驚きの40得点を挙げリーガ BBVAの得点王としてピチーチ賞を獲得しました。また彼はスペイン国王杯コパ デル レイの決勝で、レアル・マドリードの宿敵バルセロナにウイニングゴールを決めました。

クリスティアーノ・ロナウドの上り調子は2011~2012年も衰えず、38試合で合計46得点を挙げて、レアル・マドリードのプリメーラ・ディビシオン・タイトルを獲得しました。FIFAの最優秀選手に授与されるバロンドール賞は、73得点を挙点を挙げたバルセロナのメッシに奪われたものの、彼の得点率には目を見張るものがありました。

2013年の彼の活躍は、それ以前の記録をさらに塗り替えるものでした。彼はレアル・マドリードとポルトガルの代表として自己最多となる合計69得点を挙げ、2014年1通算2度目FIFAバロンドール賞を獲得しました。

Speak Your Mind

*